読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ビットコイン】マウントゴックス社破綻に関するまとめ

ネットを見たところ、未だにこの事件に関する基礎的な情報が共有されていないようなので、なるべく判りやすくまとめる。私が理解出来ていないところはコメントやTwitterなどで突っ込みください(随時修正します)。

通貨とはなにか

いきなり乱暴に要約しますが、通貨とはその「モノ自体」に価値があるものではありません。例えば1万円札はモノとしてはただの紙に過ぎません。その紙に「信用」というお墨付きが与えられることで、紙切れに1万円分の価値が生まれます。

通貨の信用とはなにか

例えば私がその辺の藁半紙に「ひゃくまんえん にほんぎんこうけん」と書いてコンビニに持って行っても、肉まん一つ買えません。どうして? 紙は紙なのに! それは「信用」がないためです。

例えば、コンビニの店長が私が作ったニセ札を受け取り、肉まんを売って、99万9900円お釣りを払ったとします。店長は今度それを銀行に持って行って預金をしようとします。そしたらその場で警備員を呼ばれて叩きだされます。あわれ店長は100万円を損し、家族ともども露頭に迷ってしまいました(happy end)。

このようなことがないように、通貨には「色々なところに行ってもその通貨で決済や貯蓄ができる」というお墨付き、「信用」が必要になります。それを保証しているのは国です。国が今後も千代に八千代に続いていって、永続的に通貨が使えること。国のどこに行ってもその通貨でモノが買え、不正が起きた場合は公権力が取り締まること。そういった仕組みがバックボーンにあり、通貨の「信用」が生まれます。

擬似通貨とはなにか

国というバックボーンがないにも関わらず、人々が広範に使っている通貨が存在します。有名なものはSuicaEdyでしょう。日本円でSuicaのポイントを買うことで、コンビニなどでSuicaポイントで決済が出来ます。Suicaポイントの背景には「国の信用」はありません。この場合、JR東日本という有名企業・安定企業の信用が、擬似通貨の信用になってるわけです。

以前「円天」という擬似通貨がありました。エル・アンド・ジーという会社が発行していた擬似通貨で、円天を使って店舗で決済ができるというものでした。

この場合、信用を担保するのはエル・アンド・ジーという会社になるわけですが、JR東日本のような国内でも指折りの巨大企業とくらべ、資本金が2000万円しかない中小企業にそんな信用があるわけがありません。エル・アンド・ジーは元本保証・高金利というフリーランチを約束し(この時点でやばいのだが)、また多くの芸能人をCMに起用することでなんとか信用を捻出し、大量の円をかき集めました。が、その後当然のごとく資金繰りができなくなり倒産します。代表者らも詐欺罪で逮捕されてしまいました。

ビットコインにおける「信用」とはなにか

さて、ビットコインも擬似通貨の一種です。では、その信用は誰が担保するのでしょうか。国でしょうか。巨大企業でしょうか。違います。ビットコインが画期的なのは、これをアルゴリズムが担保しているという点です(ホリエモンビットコイン解説がネットでぶっ叩かれてますが、この点は合っているわけです)。

アルゴリズムの解説は、これを書いていると終わらなくなるので割愛します。要は、

  • ビットコインの発行(発掘)は中央銀行ではなく、各ユーザがコンピュータを使って行い、その上限はアルゴリズムによって制御される
  • ピア・ツー・ピアによる相互監視を行い、取引の正当性が担保される(ニセ札などを勝手に作れない)

という、中央銀行公権力がやっている部分を、アルゴリズムで代用しようという考えです。

マウントゴックス社の倒産問題とはなにか

2/26にマウントゴックス社が、クラッカー(ハッカー)の攻撃により、自社の所有するビットコインを全て流出し倒産するという大事件が起きました。が、これはエル・アンド・ジーの倒産とは種類が違います。なぜか。それは、マウントゴックス社がビットコインを発行しているからではないからです。

SuicaポイントはJR東日本が発行しています。円天はエル・アンド・ジーが発行していました。円は日本の中央銀行が発行しています。この場合、発行の当事者が倒産したら、通貨はゴミになります。ありえない想定ですが、JR東日本が倒産した場合、貯めていたSuicaポイントはどこかが引き継がない限り使えなくなります。円天では実際にその事例が起きました。

翻って、マウントゴックス社ですが、マウントゴックス社はビットコインを発行していません。なので、そこが潰れても即ビットコインが使えなくなるわけではありません。あそこはあくまでビットコインを他の通貨と交換するための「取引所」にすぎないのです。

これは投資用の口座と同じようなものです。株やFXをやる人は、口座に円を貯めておいて、それを株券や外貨と交換していきます。マウントゴックス社はビットコインを貯める用の口座をユーザに提供し、それを円や米ドルなどに交換するという仕組みを提供していました。そのシステムをクラッカーに狙われ、ビットコインを盗まれたわけです。

今回の事件を「ビットコイン全体の信用が崩壊」といった論調で語っている方も多いですが、それは本質とはずれています。ビットコインを支えるアルゴリズム自体に脆弱性が見つかった……というものではないからです。これは円に置き換えると判りやすくて、今回の事件は「東京三菱UFJ銀行のシステムにアタックがしかけられ、預金をクラッカーに盗まれてしまった」という事件であって、国が崩壊して通貨自体が一瞬で紙切れとなり、信用が今後全てなくなるというものではないのです。

もちろん、世界屈指の強力な通貨である円と、ビットコインとでは根本的な信用が全く違います。大手銀行が倒産しても円の信用は揺るがないかもしれませんが、ビットコインでは大手取引所がひとつ潰れるだけで、通貨全体の信用に与えるインパクトが大きいです。ただし、それはあくまで結果論であって、本質論からはちょっとずれています。

  • ビットコインとは、今までの通貨の仕組みをアルゴリズムによって代用するという試み
  • 取引所が潰れても、それは取引所のセキュリティの問題であって、アルゴリズムの正当性が侵されたわけではない
  • ただし、結果的にビットコイン全体の信用を大きく毀損する事件ではある

ということなのだと考えます。

ビットコインの今後

とはいえ「幾らアルゴリズムがしっかりしていても、そんなクソ取引所がブイブイ言ってる通貨なんか危なくて使えか!」という声が大半だと思いますし、それはもちろん正しい声でありますので、ビットコインは今後凋落していくかもしれません。

が「国という共同体のバックボーンがない通貨を、アルゴリズムで代用させよう」という試み自体は画期的ですし、今回のような事件を乗り越えて、世界はやがてこういう通貨がもっと幅を利かせる方向に進んでいくと考えています。私や皆さんがその時に生きているかは判りませんが。