『星空の16進数』『イミテーション・ガールズ』

6/29に新刊『星空の16進数』をKADOKAWAから出版します。また、本日6/12発売の『野性時代』誌に、『イミテーション・ガールズ』という短編ミステリが掲載されます。このふたつはそれぞれ独立した小説ですが、合せ鏡のような構造を持つ連作にもなっており、続けて読むとよりお楽しみいただけるようになっています(どちらが先でも大丈夫です)。

『イミテーション・ガールズ』は2002年が舞台の作品で、榊原みどりという17歳の女子高生が主人公です。みどりの父親は私立探偵をやっており、同級生から父親のもとにある依頼が持ち込まれ……というところから二転三転していきます。青春ミステリですが、ハードボイルド小説の風味もあります。

『星空の16進数』はそれから15年後、私立探偵として働いている32歳のみどりが出てきます。結婚して母となり、育児休暇を取っている彼女に対し、17歳のウェブデザイナーである菊池藍葉が人探しを頼み……というところから物語がはじまります。両作ともみどりが主人公なのところは同じですが時代が全くことなり、彼女が17歳だったころの物語と、彼女が17歳の少女に依頼を頼まれる物語とで、ちょうど鏡のような構造になっているのです。

お気づきになったかたもいらっしゃるかもしれませんが、もともとこのみどりという人は、拙著『虹を待つ彼女』に少しだけ出てきた女性探偵でもあります。『虹〜』ではもっと出番を作りたかったのですがプロットの要請上あまり出る幕がなく、一度きちんと彼女の話を書きたいと思っていたところ、今回実現の運びとなった次第です。

創作というのは不思議な流れがあるもので、『星空の16進数』はもともとみどりがメインの物語でした。ですが書いているうちに依頼主の藍葉のほうがむくむくと膨らんできて、最終的には二人の物語として、当初の予定とは全く違う内容でまとまりました(書影に描かれているのは藍葉のほうです)。さらに、この作品の改稿をしていたところ、「みどりを主役にした短編を書きませんか」というお話をいただき、彼女の若いころの話として『イミテーション・ガールズ』という短編が生まれました。両方とも最初の構想時には考えもしていなかった展開です。

ついでに遡ると、『虹を待つ彼女』の初稿を書いていたときは、みどりは私立探偵ですらなく、京都大学の助教だったのです。原稿を書き進めるうちに彼女は私の思惑を超えて勝手に動き出し、いつの間にか私立探偵となり物語の中にぴたりと収まっていました。いまでは現在の形以外のみどりは私としては考えられず、こうなってくると作者が登場人物を書いているのか、登場人物に作者が書かされているのか、よく判らなくなってきます。

というわけで、両作とも大きな流れの中で手を動かしているうちに、いつの間にか生まれ落ちたという感じの作品です。私は自作の登場人物はゲスな悪人含め全員大好きですが、中でもみどりは特別なキャラクターで、この八ヶ月ほど彼女と行動を共にできたことは幸せでした。不思議な流れの中で生まれたこの二作、ぜひお楽しみください。

www.kadokawa.co.jp

shoten.kadokawa.co.jp

f:id:kotobaproject:20180531224413j:plain

f:id:kotobaproject:20180612004032p:plain